「ふらっと」のぞいてく? "エシカル" "サステナブル" をもっと身近に、もっとおしゃれに。

カリフォルニアのガレージで誕生したブランド 「prAna」のリサイクル素材を使ったスイムウェア

 

世界中で海のゴミが大きな問題として取り上げられている中、カリフォルニア州に拠点を置くサスティナブルブランド「prAna」が海の廃棄物を利用したスイムウェアの販売をスタートしました。

 

カリフォルニアのガレージで誕生

 

1992年、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるカールスバットという街でとある夫婦が立ち上げたアパレルブランド「prAna(プラナ)」。

 

クライミングやヨガを生活に取り入れていた夫ビーバーと妻パムは、カリフォルニアの広大な自然と人々のスピリットを存分に活かし、サスティナブルな素材を使ったライフスタイルウェアを開発し始めました。

 

「良いものを良い方法で創りたい」

 

彼らの想いは当初から変わらず、オーガニックコットン生地とハンドメイドのリサイクルタグを取り入れることから始まったそう。どこで、どんな素材を使って、どのように創るのかということに着目し、環境への影響をできるだけ少ないウェア作りを目指しています。

 

そんな「prAna」(株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン)が今夏、海の廃棄物から再生されたサスティナブル素材「ECONYL®︎(エコニール)」を採用したスイムウェアの販売を開始しました。

 

ECONY®︎(エコニール)とは、イタリアの素材メーカーAQUAFIL社が開発した環境に配慮したリサイクル素材。漁網やプラスチックゴミをはじめとする海の廃棄物を100%リサイクルして作られた新素材の再生ナイロンです。新素材でありながらも、従来のナイロンと変わらない高い機能を備えており、吸水性や速乾性、ストレッチ性にも優れているため、スイムウェアとしてだけでなく、ホットヨガなどのアクティブウェアとしても快適に使用することができます。

 

100%サスティナブル素材のスイムウェア

2020 Summer ECONYL®(エコニール)使用商材】

 

Vinho Tankini (ヴィンホータンキニ)

サイズ:XS, S, M

カラー:Nickel, Black, Canopy

価格:11,000円(税抜)

ツイストのアクセントと大胆に開いた背中のデザインが印象的。リラックスフィットなシルエットで動きやすく、バランスの取りやすいショート丈も魅力。スイムウェアとしてはもちろん、デニムなどに合わせてタウンウェアとしても。

 





 

 

EllaTop-RIB (エラトプリブ)

サイズ:XS, S, M

カラー:Black, Atlantic, Deep Liqueur

価格:8,900円(税抜)

スタイリッシュなクロスしたワイドバックストラップに、深いVネックラインのフロントデザインのビキニトップ。サポート力に優れたアイテムは、海のアクティビティはもちろん、ヨガ・フィットネスなどのトレーニングウェアにもおすすめです。

 





Valdara Top (ヴィルダーラトップ)

サイズ:XS, S M

カラー:Bright Meadow, Deep Liqueur

価格:7,500円(税抜)

ショルダーストラップにジグザグの飾りステッチを施した、細やかなディテールのビキニトップ。スイムウェアとしてはもちろん、ヨガなどのアクティブシーンでも活用させたいアイテムです。

 




 

 

Rhette One Piece-Jersey (レッテワンピース ジャージー)

サイズ:XS, S, M

カラー:Niclel, Black, Canopy

価格:15,000円(税抜)

レーサーバック仕様に、腰位置まで大胆に開いた肌見せバランスが視線をキャッチするワンピーススイムウェア。ツイストした深いVネックラインで、女性らしい美しいシルエットを強調したデザインも魅力的。

 







公式ウェブサイト: https://jp.prana.com

Instagram: https://www.instagram.com/prana_jp/?hl=ja

 

 

【お問い合わせ先】

株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン

フリーコール:0120-193-803

受付時間:月~金10:00-12:00, 13:00-18:30 (土日祝休み)

Reina Matsuda by
2000年生まれ。高校時代にH.O.P.E.のメンバーとしてエシカル消費の認知度向上に向けて活動し始めたことをきっかけに、エシカルファッション、フェアトレード、オーガニック製品、プラスチックフリーなどの分野においてライフスタイルに取り入れる形で発信している。またローカルな視点にも重点ををおき、東京都武蔵野市においてフェアトレードタウン実現を目指して活動を行なっている。コミュニティ形式エージェントSocial Good Nativesのメンバーとしてイベント企画や広報、プロジェクトの運営。その他、エシカルファッションブランドTSUNAGUにおいてWebライターとして、雑誌veggyではアンバサダーとして活動をしている。立命館アジア太平洋大学2年。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です