「ふらっと」のぞいてく? "エシカル" "サステナブル" をもっと身近に、もっとおしゃれに。

CARRY THE SUN ~ 地球の未来に優しい灯り キャリー・ザ・サン ~


置いておくだけで、部屋も心も温かく照らすソーラーランタン。

 

今回は、「いつでも・どこでも・だれでも」使える画期的なソーラーランタン、『キャリー・ザ・サン』について紹介していきます。

 

 

 

 


灯りのある暮らし。


私たちの暮らしの中で、灯りはとても重要なものです。

 

暗い場所では、楽しく食事をすることも、本を読むこともできません。スポットライトのような強い灯りから、間接照明のように弱い灯りまで、私たちの日常は灯りと密接に関わっています。灯りがあるだけで、そこがほっと安心できる場所に、温かい場所に、笑顔になれる場所になるのです。

 


キャリー・ザ・サンの灯り。


キャリー・ザ・サンは太陽の恵みを夜の灯りに変えるソーラー充電式のLEDランタンです。懐中電灯のように、ある一点を照らすのではなく、ヨットのセイル生地が灯りを360°優しく広げてくれるので心地よい空間が広がります。防水仕様なのでアウトドア・キャンプ用品として、優しいインテリア照明として、また防災用品としても使うことができます。

 

使用方法も簡単で、ボタンひとつで三段階の灯りの強さと点滅モードに変えることが出来ます。軽量で折紙のように畳めてコンパクトになるので持ち運びも簡単です。

 

自然災害の多い日本で、もし地震や台風などで私たちの生活から灯りが無くなったら、私たちの生活はどれほど変わってしまうのでしょうか。2020年の夏の間にも、沖縄や九州地方では、大雨や台風により停電が起きました。真っ暗闇でも、普段から使えるキャリー・ザ・サンがあれば、不安な心を少しでも和らげる灯りとなるのではないでしょうか。

 


サステイナブルな生活と太陽光。

 

私たちは日々の快適な生活を手に入れると同時に、より多くの電気を使うようになりました。

 

しかし、温室効果ガスの排出量は増加し、地球温暖化問題は深刻です。太陽の光は誰にでも平等な自然のエネルギーです。太陽光発電は二酸化炭素を出すこともなく環境に優しい資源です。


日常生活の中で太陽光パネルを見かけることはありますが、各家庭に設置されるほど身近ではありません。まだ太陽光発電とは身近ではない私たちでも、小さなソーラーパネルで充電した灯りを生活に取り入れていくことは、サステイナブルな生活の第一歩になると思います。

 


BUY ONE GIVE ONE®プロジェクト(バイ ワン ギブ ワン)

ランドポートでは、BUY ONE GIVE ONE®というプロジェクトを通して、キャリー・ザ・サンを世界中にいる灯りにアクセスできない人に届けるという取り組みを行っています。

 

電気のない生活を送る人はすごく遠くの国の話のように思いますが、飛行機で数時間のアジアの諸国にも、電気のない生活をしている人はたくさんいます。

 


電気の供給量が少なかったり、電気代が高すぎたり、送電の設備が整っていなかったりと理由は様々ですが、夜は真っ暗な中で生活している人やロウソクの光で勉強している子供たちは世界中にたくさんいます。

 

このような人たちに灯りを届けられるプロジェクトが『BUY ONE GIVE ONE®』です。キャリー・ザ・サンを一つ購入すると、ひとつは自分のものになり、もうひとつは灯りのない生活を送る誰かのものになります。

 

これまでに集まったキャリー・ザ・サンは、ネパールやタイの無電化地域に送られ、朝2時に起きて暗闇の中で炊事を行う子供たちを火事や火傷などの危険から守ったり、夜読書や勉強するための灯りになるなど、たくさんの人のもとへ届けられています。

 


電気のない生活を送る子供たちの抱いた夢を叶えられるように手助けをすることができるのが「BUY ONE GIVE ONE®」プロジェクトです。
あなたが贈る灯りは、子供たちの未来を変える灯りになります。

 


‘’再利用することが当たり前‘’に
‘’お客様が使い終わったキャリー・ザ・サンをまだ使える資源として、次の形に生まれ変わせたい。‘’


そのような思いから、今秋リサイクルプロジェクトを開始する予定です。

 

私たちの生活の中で、‘’使い終わったものは捨てる‘’という考え方はどこかで当たり前になりつつあります。今あるものを大切に、そして、まだ使えるものは‘’再利用することが当たり前‘’であるという考え方が広まる世の中になって欲しいと思います。


ソーラーランタン、キャリー・ザ・サン。

 

簡単に取り入れることができるサステイナブルな生活をキャリー・ザ・サンと一緒に。

 

皆さまも、ご家庭で、レジャー用品として、防災グッズとして、キャリー・ザ・サンのある生活をぜひ送ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

Carry the sun 公式HP

https://www.carrythesun.jp

Instagram

https://www.instagram.com/carrythesun.jp/

 

 

by 加藤 朱里

東洋大学 国際学部 2年

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です